サステナビリティ

持続可能性という意味です。環境、社会、経済といった観点で、将来にわたりシステムやプロセスが継続していけるという考え方です。この概念は国連の「環境と開発に関する世界委員会」が1987年に公表した最終報告書で謳われました。本来は、自然と共生する持続可能な社会システムを目指す環境保護思想のキーワードでした。近年は企業の社会的責任(CSR)の視点からも、サステナビリティへの取り組みに高い関心が集まっています。SDGsやグリーンリカバリーをきっかけに、環境・社会面の考慮と経済的リターンを相反するものとしてではなく、両立させて持続させるものだという考え方が広まっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です