サーキュラーエコノミー(循環型経済)

あらゆる段階で資源の効率的・循環的な利用を図りつつ、付加価値の最大化を図る経済の仕組みのことです。気候変動だけでなく、資源・エネルギーや食糧需要の増大や廃棄物発生量の増加が世界全体で深刻化しています。今までの一方通行型の経済社会活動(リニアエコノミー)から、持続可能な形で資源を利用するサーキュラーエコノミーへの移行を目指すことが世界の潮流となっています。EUでは2015年12月に「サーキュラーエコノミーパッケージ」が採択されるなど、経済成長政策の中心に据えられています。
従来の3R(リサイクル・リユース・リデュース)の取組に加え、資源投入量・消費量を抑えつつ、ストックを有効活用しながら、サービス化等を通じて付加価値を生み出す経済活動です。資源・製品の価値の最大化、資源消費の最小化、廃棄物の発生抑止等を目指します。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です