3R

リデュース(Reduce)、リユース(Reuse)、 リサイクル(Recycle)の3つのRの総称で、スリーアールとよびます。循環型社会を実現するための重要なキーワードです。
リデュースは、発生抑制のこといい、製品をつくる時に使う資源の量を少なくすることや廃棄物の発生を少なくすることを意味します。資源の消費をもとから減らす一番重要な行動です。
リユースは、再利用のことをいい、使用済製品やその部品等を繰り返し使用することを意味します。あらゆるものの再利用を実現可能とする技術開発の取組があります。
リサイクルは、廃棄物等を資源として分別し、原材料やエネルギー源として有効利用することを意味します。その実現を可能とする製品設計、使用済製品の回収、技術・装置の開発などの取組があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です