損害保険業界初!自然災害の被害を受けた太陽光パネルのリユース・リサイクルサービス

損害保険ジャパン株式会社およびSOMPOリスクマネジメント株式会社は、自然災害により被災した太陽光パネルの保険金支払い時に、リユース(再使用)・リサイクル(再資源化)できる業者を紹介し、今まで廃棄されていた太陽光パネルを再活用するための取組みを開始したと発表しました。

損保ジャパンでは、近年多発する台風等の自然災害により、太陽光パネルが被害を受ける頻度が高まり、廃棄処理される現状に問題意識を持っていました。
実際に、国内で製造・使用されている太陽光パネルは多くが産業廃棄として処理されています。
同社では、こうした背景として「リユースや流通の可能性を判断できる事業者がおらず、再販市場が広がっていないことに起因する」としています。

そこで、損保ジャパンは以下のサービス及び新特約を2021年10月から開始しました。

①SOMPOリスクマネジメントが持つ専門的な知見から、太陽光パネルの損傷の程度・規模に応じてリユース・リサイクルの可能性を判断し、提携している業者を紹介するサービス

②リユース・リサイクルの活用を推奨する新特約の販売

リユースが可能となった場合は、廃棄処理費用が削減となり、さらに業者の買取り金額によってはお支払いする保険金による
火災保険料への影響が緩和され、顧客に対するメリットの還元もあるといいます。
また、リユースとなった太陽光パネルは、アフリカなど配電網が発達していない地域で使用されることも検討されているということです。

太陽光パネルの廃棄処理をリユース・リサイクルに誘導するというエコシステムの普及が期待されます。

 

<参考URL>

太陽光パネルの再活用を促進する新サービスの開始 ~太陽光パネルのリユース・リサイクル業者の紹介~ 11月1日

 

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です