丸紅と損保ジャパン、使用済太陽光パネルの適切なリユース・リサイクルに関する基本合意書の締結

11月21日、丸紅株式会社(以下、「丸紅」)、損害保険ジャパン株式会社(以下、「損保ジャパン」)およびSOMPO リスクマネジメント株式会社(以下、「SOMPOリスクマネジメント」)は、使用済太陽光パネルの適切な リユース・リサイクルを目的として基本合意書を締結しました。 

基本合意書は、丸紅が資源循環に関する情報プラットフォーム実証事業「環境省実証事業」を通じて構築中の情報管理プラットフォーム を介して 、2023 年度から販売開始を予定している使用済太陽光パネルに対し、損保ジャパンが瑕疵保証責任保険を付保する仕組みを構築するものです。

使用済太陽光パネルのリユース取引はこれまで品質の保証が課題となっていましたが、プラットフォーム を通じた形での使用済太陽光パネルに対する仕組みは国内初であり、リユース取引の活性化、適正にリユース・リサイクルすることで、原材料の 循環利用、産業廃棄物の埋立処分量の削減に繋がることが期待されます。

(出典:損保ジャパン)

今後、丸紅と損保ジャパンおよびSOMPOリスクマネジメントは、本合意書の締結を皮切りに共同で 社会課題に取り組み、循環型社会の形成に貢献していくとのことです。

 

<参考URL>

https://www.sompo-japan.co.jp/-/media/SJNK/files/news/2022/20221121_1.pdf?la=ja-JP

https://prtimes.jp/main/html/rd/p/000000210.000078307.html?fbclid=IwAR0bfpB-TkibCqCMbL8jZXggff3x9m0jmZ7Wu323sdmC0S0qA5jAwf4NkQs

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です