新産業創造研究機構:「太陽光パネルリサイクルの現状と課題」研修セミナー

当団体の代表の穴田が、(公財)新産業創造研究機構様主催のセミナーに登壇いたします。

=========
<セミナー概要>
日本における再生可能エネルギー(再エネ)の主力である太陽光発電は、2012年に固定価格買取制度(FIT)が導入されて以降、加速度的に増えてきました。この太陽光発電に使用する太陽光パネルは、製品寿命が約25~30年とされています。そのため、FIT開始後に始まった太陽光発電事業は2040年頃には終了し、その際、太陽光発電設備から太陽光パネルを含む廃棄物が出ることが予想されています。
太陽光をはじめとした再エネを長期的に安定した「主力電源」のひとつにしていくためには、こうした廃棄物問題を避けて通ることはできません。どのような問題が懸念されており、どのような対策を行うべきなのか、太陽光パネルの廃棄問題について本研修では、これらの課題とその解決について解説します。

◆日時:2022年7月19日(火) 14:00 ~ 16:00
◆開催形式:Zoomによるオンラインセミナー
【ウェビナー参加に必要な機材】
・パソコン、または、スマホ・タブレット
・カメラ・マイクは必要ありません。

*定員:50名 *お申込み締切:7/15(金)  *参加費:無料
□主催:(公財)新産業創造研究機構(NIRO)

◆テーマ: 「太陽光パネルリサイクルの現状と課題」
パート1:再生可能エネルギーおよび太陽光発電設備の市場動向
パート2:太陽光発電設備の現場で起きていること
パート3:太陽電池モジュールの廃棄についての実情
パート4:まとめ

◆講師:(社)環境エネルギー循環センター
代表 穴田 輔(あなだ たすく)氏

以下のサイトよりお申込みいただけます。
https://www.niro.or.jp/information/20220629/33984/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。