経済産業省、第1回 蓄電池のサステナビリティに関する研究会を開催

2022年1月21日、経済産業省が第1回 蓄電池のサステナビリティに関する研究会を開催しました。

検討会の趣旨・目的

蓄電池は、自動車の電動化や再生可能エネルギーの普及に必要となる調整力のカーボンフリー化等のグリーン化やデジタル化の進展の要となる、「新たなエネルギー基盤」であり、今後需要が急激に拡大していくことが見込まれます。他方、蓄電池は、製造工程や廃棄過程でGHGを排出し、またリチウムを始めとする高品質の資源を大量に使用するため、環境問題や社会問題への対応など、サプライチェーン全体において、サステナビリティの向上に向けた取組が求められています。

このため、本研究会を開催し、サステナブルな蓄電池サプライチェーンの構築にむけて、①蓄電池のライフサイクルでのGHG排出量の見える化、②蓄電池のリユース・リサイクルの促進、③材料の倫理的調達の担保、④これらを実現するためのデータ流通といった論点について検討を行います。

<参考>

https://www.meti.go.jp/press/2021/01/20220120001/20220120001.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。