ダイヘン、自家消費型太陽光発電向け「リユースバッテリーパッケージ」を販売

2022年9月からダイヘンはEV使用済みバッテリーを再利用した産業用蓄電池と、蓄電池用PCSを一体化した自家消費型太陽光発電向け「リユースバッテリーパッケージ」の販売を開始しました。新製品は、EVの使用済みバッテリーを再利用することで、現行品である新品バッテリーを使用した産業用蓄電池と比較して、導入コストを約30%低減することができたということです。

使用済みバッテリーはフォーアールエナジー社が提供する信頼性・耐久性に優れた日産自動車製 EV「リーフ」を使用。販売するパッケージは、工場や施設などにおける太陽光発電と組み合わせた自家消費向けで、バッテリー容量はユーザーの用途や希望に応じてカスタム可能となっています。

https://www.daihen.co.jp/newinfo_2022/news_220927_Se2rbp7.html

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。