ドイツSolarwatt、持続可能な太陽電池モジュールの製品品質基準認証「Cradle to Cradle」を取得

pv magazineによると2022 年 7 月 29 日、ドイツのSolarwatt社はDresdenで製造された太陽光モジュールが持続可能な太陽電池モジュールの製品品質基準認証「Cradle to Cradle」のシルバー認証を取得したと報道しています。

この太陽光モジュールはサイクル全体で特に持続可能であると考えられています。材料の調達からリサイクルまでのプロセス全体が評価されます。

「私たちのモジュールがクリーンなエネルギーを提供するだけでなく、持続可能な形で生産されることも重要です」

「Solarwatt は、ここ数年ですでにそれに応じた生産体制を整えており、100% グリーン電力を使用しています。私たちは今、このコミットメントをお客様に見えるようにしたいと考え、厳しい認証プロセスを開始しました。」

と Solarwatt のマネージング ディレクターである Detlef Neuhaus 氏は述べています。Solarwatt はドイツのモジュールメーカーで初めて取得したと主張しており、同社はヨーロッパでの需要の高まりに対応しています。

「Cradle to Cradle」認証は、世界的に認められた総合的な製品品質基準と見なされています。評価は、材料の健康、材料のリサイクル可能性、エネルギー管理と CO 2排出、水管理と社会的責任の 5 つのカテゴリで行われます。生態学的側面に加えて、社会的パフォーマンスも評価されます。

出典:pv magazine

<参考URL>

https://www.pv-magazine.com/2022/07/29/solarwatt-obtains-cradle-to-cradle-certification-for-its-glass-glass-solar-modules/

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。